バイアグラの誕生は偶然の産物?

狭心症の治療薬から誕生したバイアグラ


ED治療薬のパイオニア

バイアグラは、世界的な大手製薬会社ファイザー社が開発した世界初のED治療薬です。他の医療品と比べても知名度が高く、バイアグラが何の治療薬なのか、女性でも知っているほどです。勃起の維持に必要な「cGMP」という酵素を分解しようとするPDE5の働きを止める効果があり、それによって勃起を維持します。完全に勃起できない状態はもちろん、勃起するのに時間がかかったり、勃起はするものの勃起状態を維持できないといった男性特有の悩みには、それまで注射や手術で対処することはあっても、根本的な治療薬はありませんでした。そのため、このバイアグラの登場は勃起不全に悩む男性にとっての特効薬であり、世界で爆発的な売り上げを記録しました。

もとは狭心症治療のため

しかし、このバイアグラは最初からED治療薬として開発されていたわけではありません。バイアグラは元々、狭心症の治療薬開発の途中で誕生したと言われています。バイアグラに含まれている有効成分はシルデナフィルと呼ばれるものです。このシルデナフィルには、血管を拡張させる効果があります。これをもとに狭心症の治療薬の開発にあたっていたようです。ですが、シルデナフィルがなかなか狭心症患者に対して効果を発揮しなかったと言われています。そこで、研究者が開発を打ち切ろうとしたところ、なぜか被験者たちがシルデナフィルを分けてもらいたいと申し出たそうです。狭心症には効果を示さなかったものの、このシルデナフィルを服用すると、勃起力が向上するということだったのです。研究の結果、シルデナフィルがPDE5の働きを止める効果もあったため、勃起不全に対しても効果があることが判明。これに気づいた研究者が、シルデナフィルを使って狭心症の治療薬からED治療薬に切り替えたと言われています。

爆発的な売り上げに

それまで、効果的なED治療薬がなく、ED患者に対しては補助器具や注射、手術などで一時的に勃起状態をつくりだすか、勃起することをそもそもあきらめてしまうかの選択肢しかありませんでした。しかし、確かな効果を発揮するこのバイアグラの登場によって、EDに悩む男性やパートナーの女性に光を照らしたと言えます。日本でもテレビや雑誌などで有名になりました。その後、個人輸入した患者が使用方法を守らず、バイアグラ特有の強い副作用で命の危険などにさらされたため、日本でもいち早く承認され、医師の監修のもとに使用可能になりました。