インポテンツでない人がバイアグラを飲むとどうなる?

バイアグラはあくまでED治療薬


バイアグラの効果

バイアグラは、有効成分シルデナフィルが作用して、勃起の維持に必要な酵素を分解しようとするPDE5の働きをストップさせます。それによって勃起が維持され、勃起不全の症状を改善させています。

勃起維持以外にも効果あり

バイアグラの有効成分シルデナフィルは、元々狭心症治療のために開発されていました。これは、シルデナフィルが血管拡張の効果があるためです。そのため、インポテンツでない人がバイアグラを使用した場合、血管拡張の効果によって通常よりも勃起力が向上したり、長時間の勃起が期待できたり、場合によっては勃起した時のペニスのサイズが通常よりも大きくなっているということもあるようです。

デメリットが多い場合も

性行為の際に、通常よりも勃起が持続していたり、ペニスのサイズが大きくなっていたりすると、それだけ性行為も満たされたものになります。しかし、バイアグラを服用することによってデメリットもあるということを知っておく必要があります。通常、性行為が終わって性的興奮が治まると、ペニス内で拡張していた血管が縮小し、血流の量も減少します。正常な状態でしたら、そこで勃起状態が終了するのですが、バイアグラを服用していた場合、血管が拡張したままで血流が変わらず、勃起状態が続くことになります。勃起した状態が必要以上に続くことで、ペニスの内圧が高まり、痛みを感じるようになります。これによってペニスの機能が損傷を受け、逆にインポテンツになってしまう恐れもあると言えます。

副作用に悩むことも

バイアグラは血流を活発にする作用があるため、服用するとめまいや頭痛、体のほてりが出てきます。もともとバイアグラの副作用は他のED治療薬に比べて強いと言われており、その副作用が気になって性行為に集中できず、バイアグラの服用を断念する患者もいると言われています。ごく普通に勃起するにも関わらず、そのような頭痛やめまいなどを感じる必要はないと言えます。健康な時に風邪薬を飲むのと同様に、必要がないのに副作用だけ感じるのはデメリットと言えるでしょう。

精力剤ではない

男性の中には、バイアグラと精力剤を混同している人もいるようです。ですがバイアグラはあくまでED治療薬です。バイアグラを飲むことで勃起の補助をしているにすぎません。これを飲むことによって性欲が増大したり、快感が増したりするものではないということを知っておく必要があります。