うつ病といんぽの関係

うつ病といんぽは切っても切れない


うつ病について

うつ病は責任感が強く、何に対しても力を入れて取り組んでしまうような人がなりやすいと言われています。いじめやリストラといった社会的なストレスが原因でうつ病になると考えられています。ですが、この他にも結婚や昇格などといった良い出来事からうつ病になる場合もあるようです。自分の周りの環境ががらりと変化し、その変化に対応できない場合にもうつ病を患ってしまうこともあると言えます。うつ病は2008年には100万人以上いると言われました。その後は若干減少しているものの、病院での治療を受けていない、いわゆる「隠れうつ病患者」もいまだ数多くいると言われています。

うつ病といんぽの関連性

このうつ病が、いんぽと関りがあると言われています。このうつ病といんぽ、1970年代後半から関連性があると指摘されました。1990年代後半に行われた調査では、うつ病といんぽの両方を患っている患者は、いんぽでないうつ病患者の2.6倍いると発表されました。

うつ病がいんぽの原因に?

いんぽには、加齢や重大な怪我などを理由に勃起しない場合と、精神的な理由で勃起しない場合、そして薬の副作用によるものが主な原因と言われています。このうち、精神的な要因と薬の副作用によるいんぽは、うつ病によって引き起こされる場合があります。うつ病によって意欲がわかず、性欲の減退につながっていんぽを発症してしまうことがあると言われています。逆に、いんぽによる精神的ストレスからうつ病になってしまう場合も否定できません。また、うつ病に使われる薬には、性的衝動に関わるドーパミンの作用を抑える働きがあります。射精を抑える作用もあり、早漏治療に使われることもあるようです。そのため、この薬の影響からいんぽになってしまうこともあると言われています。

うつ病によるいんぽは回復する

うつ病が原因のいんぽは、精神的なものや薬の影響によるいんぽであって、肉体的な支障があるわけではありません。そのため、うつ病をきちんと治すことによって、いんぽも治ることがあると言われています。原因がはっきりとわかっているので、逆に言うと治療しやすいということになります。また、多少は効果が薄らぐものの、バイアグラなどの治療薬はうつ病の治療薬と併用しても害はないと言われています。うつ病といんぽ、片方をきっちり治せばもう一方もおのずと回復が見込めるために、焦らず治療に取り組むことが大切です。